団長メッセージ

ヤミ金融被害対策埼玉弁護団は、2002年12月7日に埼玉弁護士会に所属する弁護士有志により結成され、以来、11年間、ヤミ金融撲滅を目指して徹底的に闘ってきました。

その結果、弁護団の弁護士が被害者の代理人として対応したヤミ金融業者の数は約3万1000業者にもなります(2013年9月30日現在)。これだけたくさんのヤミ金融業者による執拗な取立を断念させ、払ったものを返させてきました。貸金業法や出資法も改正され、警察も行政もヤミ金融の取り締まりを一層強化しています。

弁護団によるヤミ金融との闘いの基本は、「払ったものは返せ。受けとったものは返さない。」であり、この方針を継続することがヤミ金融業者の撲滅に繋がると考えています。

ヤミ金融に苦しめられている皆さん!「ヤミ金地獄」から一刻も早く逃れるため、ヤミ金融被害対策埼玉弁護団にアクセス下さい。

コメントを残す