ヤミ金関連コラム

ヤミ金融被害と暴力団

闇金業者というのは,どういう人たちでしょうか。

闇金業は犯罪です(貸金業法第3条第1項,11条1項,47条2項)。
犯罪者は素性を明かしてくれません。被害者の多くも,業者が「自分で名乗っていた」名前しか知らず,誰だか分かりません。

警察も,弁護団も,闇金業者の組織の実態解明をしようと頑張っている(はず)なのですが,いまだに全容解明には至っていません。

でも,闇金業者の素性について,ヒントはあります。かつて,闇金グループが莫大な違法収益を得ていたという事件がありました(いわゆる五菱会事件。最高裁判所第三小法廷平成20年6月10日判決民集62巻6号1488頁)。
そして,この闇金グループも暴力団組織傘下にあったといわれています(警察庁「平成21年警察白書」)。
なるほど,ヤミ金融業は,わずかな元手で莫大な収益(=返済金)を集めることができますから,暴力団員にとってはおいしい事業といえるのでしょう。

今も暴力団がヤミ金融業を営んでいるのか,営んでいるとしてどこの暴力団が営んでいるのか。それは,少なくともこの原稿の執筆者は知りません。
ただ,平成20年から10年の間に,反社会的勢力が闇金から手を引き,反社会的勢力とはまったく関係のない「カタギ」がその「しのぎ」をもぎ取ったとは考えにくいと執筆者は考えています。少なくとも,闇金事業に今も反社会的勢力が何らかの関与はしている可能性を完全に否定することはできません。

また,反社会的勢力か否かを措いたとしても,借りた人が払った金はどこに行っているのでしょうか。少なくとも,闇金業者がその収益を確定申告しているはずがありません。出所のないお金として,脱税され,何らかの形で消えているのです。

そうだとすると,闇金からお金を借りて返すと,被害者の方がまわりまわって反社会的な組織に金を流している可能性があります。仮にこれが違ったとしても,少なくとも脱税の支援をしているとはいえるでしょう。反社会的勢力が資金を得て活動が活発になること・脱税のいずれも,世間にとって大変迷惑です。

ときどき,闇金業者から「借りたい客に貸して何が悪いんだ」と言われることがあります。また,被害者の方も,「借りて世話になったからどうしても返したい」と言われることもあります。しかし,闇金業は社会全体の迷惑だから,法律で犯罪にしています。「闇金業者と被害者がいいと言っているから許される」ということはないのですね。

弁護士 織田恭央