ヤミ金関連コラム

ファクタリングを装ったヤミ金融について

事業者相手のやみ金融の手口に「ファクタリング」業者を装った手口が増えています。

「ファクタリング」とは、一般に他人が有する売掛債権を買い取って、その債権の回収を行う金融サービスを指します。
ですから、通常は、売掛債権を買い取ったファクタリング業者は自ら回収を行うことになります。
したがって通常、売掛金債権の回収リスクなどはファクタリング業者が負うことになります。

しかし、「ファクタリング業者」を名乗るヤミ金融業者は、借り手の債権を出資法金利を超える高額な割引率で割り引いた金額で、借り手の売掛金債権をほぼ全額買い取るような形式の書類を作成し、借り手に金員を交付します(例えば150万円の売掛金債権を100万円で買い取る書類を作り100万円を交付します)。

そして、出資法の金利を超える金利を支払い続けている場合には、借り手は自ら取引先から売掛金債権を回収しつづける形になり、売掛金回収のリスクも借り手が負います。

ところが、借り手が支払いが滞ると自ら債権を買い取ったと称して売掛先から債権を回収します。

しかし、これは、本来のファクタリングではなく、明らかに出資法違反の貸付を脱法として行っているものです。

以前の車リースや家具リースと構造は変わりませんので、契約は公序良俗に違反し、無効と考えられます。

これまでの裁判例でも、出資法違反の貸付か否かについては、契約の形式にとらわれず、実質が重視されてきています。

このような業者の主張は出るところに出れば通用しないものです。警察の取り締まり強化が期待されます。

弁護士 長田 淳

ヤミ金でお困りの方

ヤミ金による強引な取り立て、嫌がらせに対応します。

ヤミ金融被害対策埼玉弁護団にお電話ください。
事務局スタッフが、相談に対応し、担当弁護士に繋ぎます。

弁護団事務局 電話:048-836-3466

場所:埼玉弁護士会館内

受付時間:平日10~12時、13~16時