ヤミ金融被害対策埼玉弁護団

高金利をなくそう!弁護士によるヤミ金融相談を行なっています。

TEL.048-836-3466

(受付時間:平日10:00-12:00. 13:00-16:00)

こんな方はすぐ弁護団にご相談ください!

こんな方はすぐ弁護団にご相談ください!

弁護団事務局 電話:
048-836-3466
平日10~12時、13~16時


・親族や勤務先に取り立ての電話がくる
・「払わないと会社にいられなくしてやる」などと脅される
・一日に何十回もヤミ金融から電話がくる
・ヤミ金融からの取り立てが怖くて眠れない
・法外な利息や遅延損害金の支払いを要求されて困っている
・手形・小切手を担保にとられた
・車を担保にとられた
・クレジットカードで商品を買わせられた

・・・など、ヤミ金融に借りてしまい苦しんでいる方

でも、費用が心配・・・

→手持ちがない方も、
弁護士費用は後払い・分割払いが可能です。遠慮なくご相談ください。

相談の流れ

1,弁護団事務局に電話
2,事務局(浦和)に来所いただき、取引経過などを整理
3,毎日待機している弁護士の事務所へ行き、相談
4,担当弁護士が、直接、迅速に、ヤミ金融業者に対応


ヤミ金融とは?

出資法違反の高い利率(年109.5%を超えるもの。貸金業者の場合は年20%を超えるもの)で貸付を行う者です。

ヤミ金融は犯罪です!

業者が実際に高金利を受け取っていなくとも、そのような高金利の契約をしたり、支払を要求するだけで、犯罪にあたり、10年以下の懲役もしくは3000万円以下の罰金などの刑罰を科されます(出資法5条)。

ヤミ金融が無登録であれば、10年以下の懲役もしくは3000万円以下の罰金(またはその両方)を科されます(貸金業法47条2号・11条1項)。

ヤミ金融にお金を払う必要はありません!

出資法違反となる超高金利の貸付けは、その契約自体が公序良俗(民法90条)に違反するため、無効となります。
その結果、元金についても、ヤミ金融に対して返還する義務はありません

(不法原因給付:民法708条)。このことは、最高裁判所が認めています(最高裁判所平成20年6月10日判決)。

ヤミ金融関連の報道

› more